りめログ

つくばで貧脚ローディーやってます。

FFWD F2A JP LTDを入手

愛車Via Nirone7を購入して早3年目・・今まで大きなカスタムはあまりせずに来ましたが、縁もありついにホイールを購入!

 

BianchiのVia Nirone7にもともとついているホイールはこちら。

f:id:remelt:20140814012730j:plain

f:id:remelt:20140814012742j:plain

 

ハブ:Shimano Tiagra

リム:Jalco DRX4000

スポーク:F, Rともに32本のレギュラースポーク

重量は2000g以上あるホイールです。

(機会があったら測ってみます。)

 

今回、ヒルクライム向けの軽量ホイールを探してウェブをうろちょろしていたところ、たまたまJP SPORTS GROUPさんのページにてFFWDのF2A日本限定カラー仕様が100セット限定で税別88,000円で入荷するとのこと!

http://www.jpsg.co.jp/2014/08/ffwd_news_107.php

この記事を見つけた当初は軽いしなんといっても赤いエアロスポークなんてかっこいい!で終わっていたんですが、新宿にあるY’s roadカスタム館さんに問い合わせたところ1セット入手に成功!

f:id:remelt:20140814014637j:plain

f:id:remelt:20140814014641j:plain

ハブ:DT SWISS 240S

リム:アルミクリンチャー

スポーク:DT SWISS エアロライトスポーク、F20本R24本

重量:1470g

FFWDからの初のアルミホイールらしいです。

 

2つを比較して大きく異なることと言えば

・スポーク本数、形状

…FR合計で20本の差があり、F2Aのスポークはエアロ形状。

スポークについては本数が多いほどスポーク間の感覚が狭まり1本あたりにかかる力が軽減されるためホイールの強度が増す。

スポーク数の少ないホイールは多いものに比べると強度が多少下がるものの、本数自体が減るので重量が軽くなる。

エアロについては個人的に大きな影響はないと思っているので割愛。

・重量

…DRX4000に比べるとF2Aは500g~1000g軽いということ。

既に言及したスポークの話もあり圧倒的に軽い。評判を下げるわけではないですが、F2Aを持ったあとにDRXを持つとまるでシティサイクルのそれのようでした。

 

走行しての感想

走りが軽い!!加速はスムーズで坂も転がってくれる。

他のホイールを使ったことがないのでうまい表現はできないですが、よく自転車漫画にある人に翼がついたかのような感覚でした。

速度で言うと、今までと同じように踏もうとすると巡航速度5km/h近く変わりました。普段30km/h巡航を心がけているのでその感覚で走ろうとしたところ35km/h出てしまったやったー!ってところです。

今回は本格的にヒルクライムをしたわけではないので、坂を登った時の感想はまた後日書こうと思います。

 

ホイールの見た目など

赤いから速度が普段の3倍!

というのは置いといて、赤スポークってところに一目惚れしてました。

あと何よりもリアハブのラチェット音!!

ラチェットの音が好きで、本当は良くないけどラチェット工具を無駄に動かしてみたり自転車のホイールを無駄にその場で回転させてみたりしています。

ラチェット音、特にリアホイールを回転させた時に「かりかり」って鳴るものが好きです。

F2Aはまさにそのかりかり音のなるDT 240Sを載せたホイールだったので、希望通りというか運命というか。

本当にいい買い物をすることができたと思います。