りめログ

つくばで貧脚ローディーやってます。

2017年・ろんぐらいだぁす聖地巡礼新春ライド

こちらが本チャン!

2017年走り初めライドです!

この1年の安全を祈ってのライド…というわけではなくただ走りたいから毎年走っています。例年は1月1日0時前に出発しどこかを走り日の出を見て帰ってくるというのがパターンだったんですが、今年はちょっと趣旨を変えて初ライドと旬な聖地巡礼をしようという企画を建てました。タイトルにある通り、2016秋の自転車アニメ・ろんぐらいだぁす!聖地巡礼を行ってきました。

 

行き先

境川CR

三浦半島

江ノ島

・飯田牧場

北京料理 双龍

 

当初は夜中に出発し、多摩川CRを下り横須賀へ出て三浦半島を1周し江ノ島、そこから境川CRを上り飯田牧場へと寄り帰る予定でした。これまで夜中に走ってきたことで日中よりも圧倒的に走りやすいこと、時間をうまく調整できれば初日の出を拝むことも出来るというのがあったんですが、今年は明るいときに写真を撮りたいということがあり昼間に走ることに。折角走るなら双龍にも行って帰りに温泉に入って帰ろうという話になりました。

そこで、境川CRをメインに江ノ島・飯田牧場・双龍を寄り最後に温泉に入って帰ることに。三浦半島はまた今度!

準備

自転車装備

自転車はこの子。

https://www.instagram.com/p/BMizrjNDEP7/

今のところ動かせるロードはこの子しかいません。

自転車の装備は上の写真の通り、オルトリーブのサドルバッグMを装備しています。このサドルバッグはちょっと大きめサイズなので普段バックポケットに入れておくものもすべて入れられるし、緊急用の輪行袋を入れておくことも出来ます。それに完全防水というのがオルトリーブを選んでいる大きな理由です。カラーリングもいくつかあるので自転車にも合わせやすいのもポイント。普通、サドルバッグにカラーリングなんて中々ないですからね。

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ M スレート

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ M スレート

 

 サドルバッグには、

  • スペアチューブ2本
  • CO2インフレータ+ボンベ
  • 予備CO2ボンベ1本
  • タイヤレバー
  • 輪行袋
  • エンド金具

を入れました。輪行袋は都内からつくばまで帰る際に使用予定で持ってきたものなので、このライドではあくまで最終手段です。友人と走ったので友人もしくは僕が動けなくなってしまったらとりあえずこれで1人は帰れるので。

この他はジャケットのバックポケットに

  • iPhone7
  • コインケース
  • crops Q-BIRO
  • 補給食

を忍ばせておきました。

 最近おススメの鍵はこのQ-BIROです。デュアルワイヤーで切断にある程度強く、形状記憶ワイヤーなので伸びてしまっても放っておけば元のサイズに戻ってくれる持ち運びもしやすい鍵です。くるんと丸めてポケットに突っこんでおけばロングライド中も安心です。

ウェア

自転車の装備も大事ですが、人間の装備も大事です。特に冬は命に関わってくるので重要です。僕はとにかく寒がりなんですが、同時に汗っかきでもあります。寒いからと言って着込んでしまうと汗で蒸れてしまうので非常に難しいところです。アウターも重要ですが、ベースレイヤーが特に重要。トップスにはクラフトの化繊ベースレイヤーとマヴィックのメリノベースレイヤーを着こみました。朝出発するときは寒くてしょうがなかったんですが10時くらいになると小春日和…というよりもまさに春のようなポカポカ陽気ですぐにインナーを脱ぐ羽目に。選択を間違えたかな。まぁ暑けりゃ脱げばいいので寒いときのことを考えたこのチョイスは、結果的に夜に帰ってきた今回のライドからしたら正解だったでしょう。ちなみに、1枚目に化繊インナーを、2枚目にメリノインナーを着ました。化繊は熱と汗を吸収し発刊させる作用があります。そのため皮膚に触れる1枚目に、メリノは保温力が高いので1枚目のインナーとの間に空気の層を作ることでより暖かくすることが出来ます。

ジャケットはろんぐらいだぁす!のウィンタージャケットです。(写真左)

https://www.instagram.com/p/BOmRTdvjSx6/

ボトムスはASSOSのミレタイツS7。アソスを使い理由はただ1つ、S7パッドがいいからです。以前はどこかよく分からないメーカーやパールイズミのビブを使っていたんですが、2016年に入りよりたくさん自転車に乗るようになってから股間が擦れたり痺れたりすることがありました。そこで夏からアソス ネオプロS7を使うようになったんですが、これがまさにピッタリでして。それ以降アソス信者です。S7パッドは股間との密着性が非常に高く作られており股ズレを起こしにくくしてくれます。前側のパッドも広めに作られているので当たっても痛くなりにくいのでそれ以来愛用しています。ミレタイツはアソスのウィンタービブの中ではエントリーグレードにあたりタイトすぎないレギュラーフィットと防風シェルと起毛裏地による保温性があり抜群に温かいのも僕としては嬉しいところです。

あとはグローブ、ネックウォーマー、ヘルメットインナーキャップといったところで、緊急用にインナーグローブをバックポケットに入れておきました。

 

コース

小田急線の和泉多摩川駅に集合、まずは町田を目指します。町田に着いたら境川CRに入り江ノ島を目指します。帰りはその逆を走り途中で飯田牧場と双龍に寄り最後に温泉へと向かいました。こちらが実際に走ったコースです。

双龍から温泉へ向かうには当初稲城を突っ切るつもりでしたが、思いのほか脚を消費してしまったので平地マシマシで走りました。年末のライドと比較すればすぐに分かりますが、この日は平均ケイデンスが84と低いケイデンスで走っています。普段は意識的にケイデンスを90以上をキープしているんですが、この日は開放的にのんびり走っていたせいかケイデンスが下がってしまったようです。その結果普段ほぼ使わないふくらはぎを使い、さらにはぺダリングに影響し足の小指がシューズに当たって痛くなりまたケイデンスが落ちるという良くない循環が起こってしまいました。双龍付近まで速度もあまり上がっていないんですが、そこから友人に引いてもらい強制的にケイデンスを上げた結果ぺダリングが正常化しやたら元気になっています。たぶんグラフを見ればすぐ分かります。状態のいい時で95~110くらいのケイデンスで回すことが出来るのでこれが出来るようになると100㎞以上走った後でもかなり脚が残り終盤に向かってどんどんハイになっていきます。走りきった後はさすがに疲労感がドッと来るんですけどね。

飯田牧場と双龍は残念ながらお正月休みでした。道中はとにかくたくさんのロード乗りとすれ違うことが出来ました。おそらく初日の出帰りであろう人たちと僕と同じようなこれから江ノ島方面に向かう人と至る所ですれ違いました。みんな考えることは同じようです。

https://www.instagram.com/p/BOtIdPLgVWW/

https://www.instagram.com/p/BOtOUhQAbKC/

走った後は稲城天然温泉 季乃彩でゆっくりとお風呂に浸かりました。

一緒に行った友人のおススメなんですが、入場は靴をしまってフロントで靴箱の鍵を渡しバーコード付きのタグをもらうだけでスムーズに入館、お風呂に入ってご飯を食べて最後に一括会計して出るだけです!広いお風呂に入るのは久しぶりだったのでおしゃべりしながら長風呂してしまいました。でもおかげで翌日にもほとんど疲れを残しませんでしたよ!

 

新年初ライドを無事に走破することが出来ました。年末年始は他の移動も含めると合計で280㎞ほど走ることが出来ました。とても充実した冬休みを過ごすことが出来ましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ